胎児性アルコール症候群にならない為に絶対に禁酒する

胎児性アルコール症候群(以後表示=FAS)は
妊娠中、授乳中のママが
アルコールを飲まなければ100%予防できることがわかっています。
FASというのは、先天性に胎児に障害をもたらす神経系障害の1つで、
1 中枢神経系の異常や学習障害
2 赤ちゃんの低体重児
3 小頭症や顔の作りに異常がでる
などが起きることが言われています。

妊婦さんによってもなりやすい、なりにくいという個人差もあるようですが
妊娠中、いつ頃どんな飲み方をしたか、どのくらい飲んだかという
アルコール摂取量も関係してくるなど「個人差」があるため
このくらいなら大丈夫という最低ラインがないということが言えます。
そして、第1子の時は、お酒を飲んでいても健康な子が産まれたのに
第2子の時は障害が出てしまったとか
双子を出産して、1人は健康で何も問題がないのに
もう1人には障害が出てしまったとか
いろいろなケースがあるということが報告されています。

そして妊娠初期の胎児の形成が急ピッチで行われている時は
アルコールの摂取により胎児の脳や各器官に影響を及ぼすとも言われているので
妊娠したい!赤ちゃんが欲しいと思ったベビ待ちの時期から
お酒をやめる事が理想です。
どうしてもやめられない人は、パートナーや旦那さんに協力してもらって一緒に頑張って禁酒してみてください。
赤ちゃんに障害が出てしまい、後悔している自分の姿を想像してみてください。

私も、妊娠が発覚した初めての健診時に
「じゃあまずは、煙草、お酒!これをやめてね」と産婦人科医に言われました。
特別、お酒が大好きだったわけではありませんが
時々ビールで1杯だけ乾杯〜!
クリスマスにはシャンパン〜♪
赤ワインでポリフェノール〜!
と浮かれて飲むことがありましたので
FAS=胎児性アルコール症候群の事を知ったときは
もう飲まない!と家族に宣言しました。
それにつわり中はお酒の臭いも全くだめになり
つわり後も飲む気になれないというのが正直なところです。

アルコールが入っていなければいいのですから
時々パーティに参加する機会がある時は「ノンアルコール」ドリンクを飲んで下さい。
今は種類も豊富で、皆さんご存知のビールもノンアルコール飲料がありますね。

どうしてもやめられない、つい飲んでしまうという妊婦さんは
怖がらず医師に相談してみましょう。
叱るだけの医師もいますが
カウンセリングをして、やめられない原因を見つけていきましょう。
と言ってくれる医師もいるのです。
妊娠中なのにお酒がやめられないという人は
ストレスや誰にも言えない悩みがあるはずなので
この機会に、産婦人科と合わせて心療内科の受診をおすすめします。
ノーズシークレット 口コミ